メニュー

各種検査、治療機器

当院で可能な検査

①アレルギー検査:特異的IgE、DLSTなどアレルギー血液検査。パッチテスト(スタンダード24種、金属15種) 。就学前のお子さんの採血は困難なことが多いため、小児科受診して頂くようお願いしています。検査対象物によってはプリックテストやスクラッチテストというごく僅かに皮膚に傷をつけるだけの検査も可能です。

*アレルギーの検査は、3割負担で数千円程度の自己負担が発生します。

*治療を要さない検査のみの場合は健康診断として扱われるため、検査費用は全額自費になります。

②皮膚組織病理検査:ダーモスコピーなどで皮膚腫瘍を疑った場合に、皮膚組織を少し切除して検査に出します。

③その他:真菌顕微鏡、帯状疱疹迅速検査

 

医療機器

①小型電気凝固装置 Bovie Derm 942:出血を抑えながら切開したり、出血している場所を高周波で止血する機械です。

②炭酸ガスレーザー CO2エスプリ:良性腫瘍を削ったり、出血部の止血をします。

②ナローバンドUVB治療機 デルマレイーα:乾癬、アトピー性皮膚炎などの痒み、赤みに効果的です。

③汎用冷凍手術ユニット クライオプロ:イボなどに液体窒素の冷凍蒸気をスプレーのように噴霧します。製品名はちょっと大げさなような気はしますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

④光線治療器 セラビーム®UV308mini:円形脱毛症、尋常性白斑、掌蹠膿疱症、手湿疹などの治療に用います。

⑤ワイヤレス超音波画像診断装置 iViz air Linear:皮膚皮下の腫瘍や膿瘍の性状や体の奥まで達していないかなどの評価に用います。

⑥左から・皮膚科用カメラ ダーモカメラ DZ-D100:皮膚疾患は数値化して評価できないので、なるべく写真をとるようにしています。1台で標準撮影と接写拡大像が撮影できるスグレモノです。 ・ダーモスコピー DZ-S50:皮膚科医必携の、特に皮膚悪性腫瘍診断用の特殊な虫眼鏡です。 ・ウッド灯 セラビームWoody:UVAを照射して頭皮のカビ(特に猫から伝染るタイプ)などの評価に役立ちますがそれほど出番があるものではなく、ライト付き高級拡大鏡として使用していることがほとんどです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME