メニュー

褥瘡(床ずれ)

寝たきりの高齢者や、車椅子利用が長い方、全身麻酔の手術後などに発症します。同じ場所が長時間圧迫されて血流が悪くなると、皮膚やその下の筋肉などがだめになり、深い傷ができてしまいます。施設や在宅介護をされている家族や職員は床ずれが出来ないように大変気をつかっていますが、栄養状態が良くなかったり、四肢の拘縮が強かったりするとどうしても発症リスクが高くなります。創傷被覆材で覆ったりラップ療法が施設で行われている場合があります。これはうまくいけばよい治療法なのですが、浸出液が多くジクジク濡れた状態になっていたり、感染を起こしやすくもなるので、1日数回はちゃんと創部の洗浄と状態をチェックして悪化しそうなら違う治療法にすぐ変更するという心構えも必要になります。褥瘡が起こる状態の方の場合、病院に連れ行くだけでも大変な場合が多いため往診などでどうにか診療できるようにしたいとは考えております。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME