メニュー

薬の話

皮膚科的に(個人的に)あまり必要性を感じない内服抗生剤(2021.11.26更新)
メイアクトMS(セフジトレン ピボキシル)、セフゾン(セフジニル)、フロモックス(セフカペン ピボキシル)など...です。  主な理由は3つあります。 その① 内服してもだいたい腸から吸収されずに… ▼続きを読む

沖縄のアタマジラミに使うなら、アース シラミとりローション(2021.10.09更新)
子供のアタマジラミにスミスリンシャンプー®(フェノトリンシャンプー)を使う親御さんは多いです。ネットで調べても治療法としてすぐ出てきますし、保育士に教えてもらう場合もあります。が、これが通用するのは沖… ▼続きを読む

将来は水いぼ治療の外用薬が出るといいな(2021.09.10更新)
カンタリジンという皮膚炎を起こす虫の毒成分があり、古くから薬としても使われていたそうです。カンタリジンを含む治験薬を水いぼに塗ったら、プラセボと比較して効果あったよという話。2才以上の水いぼの子供52… ▼続きを読む

花粉症でとりあえず薬を買うなら、クラリチン、フェキソフェナジン錠など(2021.09.02更新)
花粉症で飲み薬を薬局で買おうとしても、種類が多くどう選んだものかよく分からない人もいるかと思います。効果に関しては発表されているデータ通りでなく、人によって異なる場合があるのでなんとも言えません。なの… ▼続きを読む

エモリエント(ワセリン)よりはモイスチャライザー(保湿クリーム系)のほうが保湿効果は高い(2021.09.01更新)
「エモリエント」とは、皮膚からの水分蒸散を抑えて間接的に角層水分量を増やす。例:ワセリン、プロペトなど。 「モイスチャライザー」は直接的に角層水分量を増やす。例:尿素、ヘパリン類似物質、セラミド、グ… ▼続きを読む

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME